ホーム >> チャンピオンバイク

DERBI 125TWIN
アンヘル・ニエト 1971

Derbi の1971年世界GP125ccクラス、アンヘル・ニエト選手のチャンピオンマシン。デアゴスティーニのチャンピオンバイクコレクションNO.48です。

DERBI 125 TWIN ANGEL NIETO 1971

スポンサーリンク

1960年代の125ccクラスは、エンジンを4気筒、5気筒と、多気筒化をすすめる日本勢が激しく争っていた。ホンダの4ストロークマシンとスズキとヤマハの2ストロークの争いが、60年代後半は2ストロークが優勢だった。

しかし1967年から69年にかけてこれらの日本勢が世界GPから撤退した。レギュレーションの変更で、エンジンの気筒数が2気筒以下に制限された1970年、デルビは2ストローク2気筒のこのマシンを125ccクラスに登場させた。

1971年はバリー・シーンとのタイトル争い。当時のランキングはトータルポイントではなく、有効ポイントで争われていた。全11レース中で、6レースの獲得ポイントが有効となる。シーンは9レースで3回優勝し、トータルは109だったが有効ポイントは79となった。ニエトは6レースで優勝5回、87ポイントを獲得して125ccクラスで初タイトルを獲得した。

写真:DERBI 125TWINの模型

DERBI 125TWIN 主要スペック

1971年シーズン125ccクラスランキング
1位 アンヘル・ニエト(Angel Nieto) DERBI 87
2位 バリー・シーン(Barry Sheene) スズキ 79
3位 ボージュ・ヤンソン(Borje Jansson) MAICO 64

スポンサーリンク

アンヘル・ニエトは1964年、17歳で世界GPに初出場。1969年、東ドイツで行われた50ccクラスで世界GP初優勝をはたし、1986年までに通算90勝を記録。50ccクラスと125ccクラスで世界チャンピオンに13回輝いたスペインの英雄。スペインのへレスサーキットのコーナーのひとつにニエトの名前が付けられている。2000年にMotoGP殿堂入りとなった。

その後ニエトのドキュメンタリー映画「Angel Nieto 12+1」が製作された。12+1=13、彼がチャンピオンに輝いた回数を意味する。

アンヘル・ニエト(Angel Nieto)

アンヘル・ニエト & DERBI 125TWIN 1971年の成績
Round 順位
1 オーストリアGP 優勝
2 西ドイツGP 欠場
3 マン島TT 欠場
4 オランダGP 優勝
5 ベルギーGP 欠場
6 東ドイツGP 優勝
7 チェコGP 優勝
8 スウェーデンGP 欠場
9 フィンランドGP 欠場
10 ナシオンズGP 2位
11 スペインGP 優勝
アンヘル・ニエト選手 世界GPの成績
西暦 50cc 80cc 125cc
1969 1位(Derbi)
1970 1位(Derbi) 2位(Derbi)
1971 2位(Derbi) 1位(Derbi)
1972 1位(Derbi) 1位(Derbi)
1973 7位(Morbidelli)
1974 3位(Derbi)
1975 1位(Kreidler)
1976 1位(Bultaco) 2位(Bultaco)
1977 1位(Bultaco) 3位(Bultaco)
1978 2位(Minarelli)
1979 1位(Minarelli)
1980 3位(Minarelli)
1981 1位(Minarelli)
1982 1位(Garelli)
1983 1位(Garelli)
1984 1位(Garelli)
1985 9位(Derbi)
1986 7位(Derbi) 13位(Ducados)

スポンサーリンク

DERBI

サイトマップ