ホーム >> チャンピオンバイク

DERBI 125GP
ホルヘ・マルチネス 1988

Derbi の1988年世界GP125ccクラス ホルヘ・マルチネス選手のチャンピオンマシン。チャンピオンバイクコレクションのNO.26です。この模型では、青地に白文字で記されたスポンサーロゴ「DUCADOS」が、似たような絵柄に変更されている。

DERBI 125GP JORGE MARTINEZ ASPAR 1988

スポンサーリンク

ボディカラーから、Red Bullet(赤い弾丸)と呼ばるデルビは、スペインのバイクメーカーで、もともと50ccや80といった小排気量のクラスを得意とした。

125ccクラスは1985年、86年、87年とガレリの2気筒マシンが圧倒的な速さを誇っていたが、1988年からレギュレーション変更で単気筒マシンの戦いとなったことで新たな展開を見せた。

この年デルビは、鋼管トラスフレームにロータリーバルブ式のエンジンを搭載した125GPを投入し、出場台数の半数以上を占めるホンダRSを完全に押さえ込んでチャンピオンを獲得した。

写真:DERBI 125GPの模型

DERBI 125GP 主要スペック

1988年シーズン125ccクラスランキング
1位 ホルヘ・マルチネス(Jorge Martinez) DERBI 197
2位 エツィオ・ジャノーラ(Ezio Gianola) ホンダ 168
3位 ハンス・スパーン(Hans Spaan) ホンダ 110

スポンサーリンク

アスパーの愛称で親しまれているスペインの国民的英雄、ホルヘ・マルチネスは1984年、デルビと契約し世界GP80ccクラスに参戦。3年目のシーズンとなる1986年、80ccクラスチャンピオンとなり、1987年もチャンピオンの座を守った。

1988年は、80ccと125ccクラスに参戦。125ccクラス開幕戦の地元スペインGPで独走で優勝。その後も圧倒的な強さを見せ、全11戦中9勝を挙げた。80ccクラスも全7戦中6勝を挙げ3連覇、見事な成績でダブルタイトルを獲得した。

1989年はマシントラブルや怪我などで、80ccクラスのランキングは8位、125ccクラスは9位と信じられないような結果となった。その後JJコバス、ホンダ、ヤマハ、アプリリアと移籍し、1997年まで現役を続けたがチャンピオンになる事は無かった。

引退後もアスパー・アプリリアチームの監督として、世界GPの舞台で活躍。

ホルヘ・マルチネス&DERBI 125GP 1988年の成績
Round 順位
1 スペインGP 優勝
2 イタリアGP 優勝
3 西ドイツGP リタイア
4 オーストリアGP 優勝
5 オランダGP 優勝
6 ベルギーGP 優勝
7 ユーゴスラビアGP 優勝
8 フランスGP 優勝
9 イギリスGP 2位
10 スウェーデンGP 優勝
11 チェコスロバキアGP 優勝

DERBI 125GPに乗るホルヘ・マルチネス

スポンサーリンク

DERBI

サイトマップ