ホーム

自動二輪免許

ライダーになるための第一歩は免許取得。バイクの免許はその排気量によって分かれ、7パターンあります。ここではその種類取り方、合宿教習に関する情報をまとめました。

二輪免許の種類

原付

乗れるバイク:50cc以下 受験資格:16歳以上

原付は試験場での学科試験だけで比較的手軽に取れますが、交通事故の増加に伴って、免許取得時に安全運転講習が行われています。二人乗り禁止や、法定最高速度30km/hなどの制約がありますが、税金や保険料金などの維持費が安いのも魅力です。

原付のイメージ:ヤマハジョグ

スポンサーリンク

普通二輪小型限定

乗れるバイク:125cc以下 受験資格:16歳以上

このクラスは高速道路は走れないが、一般道での二人乗りが可能になります。ただし、二人乗りには二輪免許の経験年数が通算して1年以上という条件付です。
さらに、法定速度も60km/hにアップし、あるていど車の流れに乗って安全に走れます。原付のような二段階右折の必要もなく、かなり自由度が広がり、なおかつ、税金や保険料金などの維持費が安いのが魅力です。

小型二輪のイメージ:カワサキエリミネーター

普通二輪

乗れるバイク:400cc以下 受験資格:16歳以上

このクラスは日本の道路にマッチした車格とパワーで、高速道路も走ることができます。しかも高速道路での二人乗りが解禁になったことで楽しめる範囲が広がりました。ただし、高速道路での二人乗りには年齢が20歳以上で、二輪免許(125cc以上)の経験年数が通算して3年以上という条件付です。

250cc以下の軽二輪なら車検がなく性能もそれなりに有って楽しめます。251cc以上になると二年に一度の車検が必要になります。

普通二輪のイメージ:ホンダCB400SF-VTEC

大型二輪

乗れるバイク:排気量制限無 受験資格:18歳以上

憧れのビッグマシンに乗れる。さらに将来、どんなに大きな排気量のバイクが登場しようとも、全てに乗ることができる免許です。免許制度の改正で教習所で取れるようになったことで人気が急上昇。
とはいえ、車格とパワーもあるのでテクニックと体力は必要。さらに、お金も必要です。

大型二輪のイメージ:ホンダCBR1000RR

オートマ限定

運転できるのはクラッチ操作のないオートマチックの機種に限定されます。さらに排気量によって小型・普通・大型に区分けされています。このAT(オートマ)限定は2005年に出来ましたが、それ以降従来の二輪免許はMT免許と呼ばれる事が多いです。

  • AT小型限定 125cc以下 受験資格:16歳以上
  • AT限定普通 400cc以下 同上
  • AT限定大型 650cc以下 受験資格:18歳以上

オートマのバイクイメージ:スカイウェイブ250

MTとAT限定

初めて二輪免許を取得するとき、MT(マニュアル)は手足をつかったクラッチとギアの操作が難しそうなのでATにしようと思う方もいるかもしれません。

でも、現状はAT限定で乗れるのはスクーターが中心で、四輪車でいうAT/MTとは少し違います。スクーター以外の普通のバイクにも乗りたいという方は、AT限定の無い免許を取る必要があります。

AT車はクラッチ操作が無い分、MTに比べて教習所での技能教習時間が少し短いです。AT限定免許は人気のビッグスクーターへの近道です。ただし、651cc以上のビッグスクータに乗りたい場合は、AT限定無しの大型自動二輪を取得するしかないようです。

教習所で二輪免許を取る

原付の場合は学科試験のみで、運転免許試験場で学科試験に合格するという方法しかありません。自動二輪は学科試験と技能試験があり、試験場でチャレンジする、俗に言う「一発試験」を受ける方法と、教習所に通って練習する方法があります。

教習所を卒業しても免許証をもらうには試験場に行って試験に合格する必要があります。ただし、公認の指定教習所を卒業すれば試験場での技能試験が免除されるので、学科試験と適性検査に合格すると免許証が受け取れます。

また、普通免許や普通(小型)二輪免許を既に持っている方は学科試験も免除になるので、試験場では適性検査だけです。

ちなみに教習所の卒業証明の有効期間は1年なので、卒業後1年以内に試験場の学科試験に合格しないと教習料金が無駄になります。

私の場合はまず普通免許を取って、しばらくしてから自動二輪を取りました。その際は普通免許を取ったときと同じ教習所に行ったので、卒業生割引とかで少し教習料金が安くなりました。

自動二輪教習所には合宿教習という方法があります。->合宿免許

Supported by 楽天ウェブサービス

スポンサーリンク

サイトマップ