ホーム >> パーツ・用品

バイクヘルメット選び

ヘルメットは被ると髪型がつぶれるとか、夏場は熱いとか不満な点も多くありますが、ライダーにとって万が一の時の転倒や事故の時に、頭部を守ってくれる最重要アイテムです。

また、バイクで走ってると様々な物が飛んできます。自分の周りを走っている車が跳ね上げた小石が飛んできたり、虫がぶつかってきたりします。シールド付きだとそういった物から頭や顔を守ってくれます。

と言うわけでバイクに乗るときに被るヘルメットを選ぶときは安全性重視です。が、やはり形とかデザインは一番気になるポイントです。

購入検討される方はこちら->

バイク用ヘルメットとは

ヘルメットは様々な用途の物がありますが、PSC・SGマークがついている物がバイク用です。道路交通法でその基準は示しているものの、特にPSC・SGマークがついた物を使用するようにとは定めていないようですが、このマークがついている物を選ぶのが良いと思います。

PSC・SGマークがついているヘルメットでも125cc以下用と限定されている物もありますので選ぶときに注意が必要です。

また、PSC・SGマークといっしょにJISやSNELL(スネル)といったマークがついている製品もあります。これは、PSC・SGマークだけのものよりもさらにしっかりとした、安全性が高い製品です。排気量125cc以上の中型や大型に乗る場合はPSC・SGだけではなくJISマークもついたヘルメットが良いと思います。

フルフェイス

その名の通り顔全体を覆うタイプで、顔やあご、側頭部や後頭部までをしっかりと守ってくれるため安全性は一番です。ただし他のタイプと比べると上下左右ともに視界が狭くなりますし、圧迫感も有ります。

オープンフェイス

一般的にはジェットヘルメットと呼ばれるタイプで、フルフェイスと比てアゴの部分の保護が無くなります。なので開放感があります。

スリークォーターズ

セミジェットとも呼ばれるタイプで、オープンフェイスからさらに側頭部の保護が弱くなります。なので装着しやすくなります。オープンフェイスとハーフの中間タイプです。125cc以下用として発売されています。

ハーフ

半キャップやおわん型とも呼ばれるタイプで、アゴから側頭部や後頭部は殆ど無防備状態です。125cc以下用として発売されています。

フリップアップ式

顎を保護するチンガード部分が開閉可能。被ったままでドリンクなども飲めますし、メガネの装着や会話もしやすいです。

サイズが合ったものを選ぶ

バイクヘルメットはインターネットでの購入ができますが、初めて購入するときは必ず試着してサイズが合ったものを選ぶことをおすすめします。サイズが合っていないと頭が痛くなったり、頭を左右に振ったときにずれるようだと運転に支障をきたします。

自分のスタイルに合う物を探す

上に書いたようなタイプのなかで、安全性を考えると私はフルフェイスが良いと思います。また、ヘルメットのメーカーはアライやショーエイといった国内大手メーカーのほかに、国内外に多くのメーカーがあり、様々なデザインや機能を装備した製品が販売されています。自分のバイクライフに合う物を見つけてください。

オススメ情報

二輪用品専門の通販サイト≪バイクブロス≫の、ヘルメットセレクションを紹介しています。

72 Jam jet helmet
既存のジェットタイプには少なかったオリジナリティ溢れるデザインの物や、SP忠男や岩城滉一、COOLSとのコラボモデルもある。

ダムトラックス/ スターポポ(ピンク) レディースライダーのためのヘルメット選び
女性ライダーに合わせたサイズとデザインのヘルメットを紹介。ダムキッズの「ポポセブン」は、コドモがかぶってもカワイイ物は女の子がかぶっても絶対カワイイ。そんなコンセプトで作られた製品。

SPEED PIT
多彩なデザインとリーズナブルな価格で人気のSPEED PIT。ジェット、フルフェイス、ハーフタイプのフルラインアップです。ヘルメットの脱着が便利なワンタッチホルダーやUVカットシールドも

TACHIBANA
メイドインジャパンにこだわり、他に無いカラーで注目を集める立花ヘルメットのSHMシリーズ。その中でも人気の高いハンドステッチ プレーンとオールドスクールの紹介です。

楽天市場のフルフェイスとジェット売れ筋ランキングです。

サイトマップ