ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

800cc最終戦 スリル満点のゴールライン

第18戦 バレンシアGP(リカルド・トルモサーキット) 2011.11.06 /コンディション:ウエット

ケーシー・ストーナーがベン・スピースに競り勝って800ccMotoGP最後の勝利を手にした。既に今シーズンのチャンピオンに決まっているストーナーはポールポジションから飛び出して、レースの殆どを支配していた。スピースはアンドレア・ドヴィツィオーゾとダニ・ペドロサとの2位争いの集団に巻き込まれていた。終盤になって雨が降り始めるとスピースは2台のホンダから逃げ始めた。そして、少しペースを落としたストーナーに迫っていき、残り3周で先頭に立った。その後、最終ラップまで首位をキープしてGP2勝目が目の前だったが、ストーナーの方が最終コーナーの立ち上がりで上手くスピードに乗り、ゴールライン寸前で逆転された。ペドロサが順位を落として5位に終わるなかで、ドヴィツィオーゾは表彰台を獲得してシーズンランキング3位に決まった。

1ポイント差でルーキーオブザイヤーのタイトルを争っているカル・クラッチローとカレル・アブラハムは終始5位争いを展開していたが、最終ラップで明暗が分かれた。アブラハムは転倒し、クラッチローはペドロサを交わして4位となった。今大会は表彰台争いに大きく影響したかもしれない4台のマシンがオープニングラップで姿を消していた。1コーナーでアルバロ・バウティスタが転倒し、これにバレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエが巻き込まれるアクシデントが発生した。

2戦連続で負傷欠場となったホルヘ・ロレンソの代役として今回も中須賀克行が呼ばれた。前戦のアクシデントにより骨折したコーリン・エドワーズの代役はジョシュ・ヘイズが勤めた。決勝日、故マルコ・シモンチェリの追悼セレモニーが行われた。そこで彼のRC212Vをケビン・シュワンツが走らせた。今大会を最後に引退するロリス・カピロッスは、シモンチェリのゼッケン58を使用した。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Repsol Honda Team ホンダ 48'18.645
2 B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ +0.015
3 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ +5.936
4 C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +8.718
5 D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ +9.321
6 中須賀克行 Yamaha Factory Racing ヤマハ +23.818
7 J・ヘイズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +33.118
8 K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati +37.952
9 L・カピロッシ Pramac Racing Team Ducati +48.953
10 T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ +52.501
11 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +1'06.519
12 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ +1'08.760
RT R・ド・ピュニエ Pramac Racing Team Ducati 0Lap
RT A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP スズキ 0Lap
RT V・ロッシ Ducati Team Ducati 0Lap
RT N・ヘイデン Ducati Team Ducati 0Lap


中須賀克行

2011年の結果に戻る第17戦 <-

サイトマップ