ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

マルコ・シモンチェリ 逝去

第17戦 マレーシアGP(セパン) 2011.10.23 /コンディション:ドライ

決勝レース2周目、マルコ・シモンチェリが転倒してコース上をスライドしながら、コーリン・エドワーズとバレンティーノ・ロッシが競り合ってコーナーを立ち上がっている前に出てしまい、3台が衝突した。エドワーズは転倒するもコースから出ることが出来た。ロッシはなんとか走り抜けた。だが、シモンチェリはコース上に残ったままで、彼のヘルメットはこのアクシデントで脱げていた。シモンチェリは直ちにサーキット内のメディカルセンターに運ばれた。医療スタッフが駆けつけた時、彼は意識不明で心停止だったという。心肺蘇生が行われたが助からなかった。MotoGPクラスでのライダーの死亡事故は2003年の加藤大治郎選手以来となる。レースは赤旗中断となり、その後キャンセルされた。

前回大会で転倒した影響でホルヘ・ロレンソは欠場し、その代役として中須賀克行が呼ばれていた。ベン・スピースは前回大会での怪我の影響でフリー走行と予選でも転倒して更に負傷したことから決勝を欠場した。ワイルドカードのジョン・ホプキンスはフリー走行は出場したが予選決勝はキャンセルした。骨折している右手の指を固定していたボルトとプレートの具合が悪くなったとしている。


予選

イタリア出身のマルコ・シモンチェリ選手は1987年1月20日生まれで享年24歳です。WGPでの成績を表にしました。デビューは2002年125ccクラスのチェコGPでこの年は6戦に出場し、翌年からフル参戦です。私は映像とニュースで見聞きするだけですが、MotoGPクラス2年目となる今シーズンの彼は昨年とは勢いが違うと感じていました。その威勢のよさが物議を醸すこともありましたが、前回大会では初めて2位に入るなど徐々に結果も出始めていて、この時点でポイントランキングは6位でした。表彰台のトップに立つ日もそう遠くはないと思ったし、その先のチャンピオンも狙える選手だったことは間違いない。既に来シーズンも引き続いてサンカルロ・ホンダ・グレシーニから参戦してRC213Vを走らせることが決定していた。HRCもワークス級のサポートをするはずだったと思う。非常に残念です。チームやご遺族の方々の悲しみは計り知れないものとお察しします。心からこ冥福をお祈りいたします。

世界GPの成績
西暦 125cc 250cc 500cc チーム名
2002年 33位 Aprilia CWF - Matteoni Racing
2003年 21位 Aprilia Matteoni Racing
2004年 11位 Aprilia Rauch Bravo
2005年 5位 Aprilia Nocable.it Race
2006年 10位 Gilera Squadra Corse Metis Gilera
2007年 10位 Gilera Metis Gilera
2008年 1位 Gilera Metis Gilera
2009年 3位 Gilera Metis Gilera
2010年 8位 ホンダ San Carlo Honda Gresini
2011年 6位 ホンダ San Carlo Honda Gresini


チェコGP

関連情報リンク

2011年の結果に戻る第16戦 <-|-> 第18戦

サイトマップ