ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

ストーナーは止められない

第14戦 アラゴンGP(モーターランド・ アラゴン) 2011.09.18 /コンディション:ドライ

ランキングトップのケーシー・ストーナーがシーズン8勝目を手にし、あと4戦を残して2位とのポイント差を44に広げた。3戦連続でトップグリッドを獲得したストーナーは絶好調で、彼を打ち負かすのは困難と思われ、結果的にそれを証明した形になった。 スタートは彼はダニ・ペドロサに押さえ込まれ、その隙にベン・スピースが前に出て1コーナーを通過。しかし1周目が終わるまでに2台を抜いて先頭に立っていた。その後もハイペースで後ろとの差を広げ、最終的に8秒近い差をつけてゴールした。この勝利はRepsol Honda TeamにとってMotoGP100勝目となった。

ホルヘ・ロレンソは何とか3位に滑り込んだ。前半戦はマルコ・シモンチェリが健闘して9周目には3位に付けた。だがその次の周回でタイヤを滑らせ、その間に2台のヤマハワークスに抜かれた。スピースが3位に上がるもペドロサには追いつくことが出来ず、レースが進むにつれてそのペースが落ちていった。そして彼は14周目にはロレンソに抜かれ、リカバリーしてきたシモンチェリにも逆転された。その後ろで展開された3台による6位争いはアルバロ・バウティスタが勝利した。

バレンティーノ・ロッシはエンジン数制限の規約を破る7機目をウォームアップ走行で使用した事でペナルティを科せられてピットレーンからスタートした。7周目には9位にまでポジションを上げたが、そこからカル・クラッチローと青山博一を振り切ることが出来なかった。終盤にはその二人に抜かれて11位に落ちるも、ファイナルラップに青山から10位を取り戻した。今大会から彼が乗る2台のマシンはアルミ製シャーシを新たに投入したが、既存の6機エンジンでは内1機しかマッチしなかった。予選順位が13位と低迷したことから、残るレースのこと考えると今回のスタート位置よりも7機目を投入して新フレームのマシンを2台用意することの方が意味があるとの思いが有ったよう。

金曜日、フリー走行2は電力不足によりキャンセルとなった。そのため、土曜日のフリー走行が時間延長された。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Repsol Honda Team ホンダ 42'17.427
2 D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ +8.162
3 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing ヤマハ +14.209
4 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini ホンダ +20.646
5 B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ +27.739
6 A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP スズキ +30.373
7 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +34.288
8 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +37.305
9 C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +39.652
10 V・ロッシ Ducati Team Ducati +39.832
11 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ +39.997
12 R・ド・ピュニエ Pramac Racing Team Ducati +54.717
13 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +58.430
RT T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ 15Lap
RT L・カピロッシ Pramac Racing Team Ducati 15Lap
RT A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ 0Lap
RT K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati 0Lap


D・ペドロサ

2011年の結果に戻る第13戦 <-|-> 第15戦

サイトマップ