ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

開幕戦はホンダのストーナーが優勝

第1戦 カタールGP(ロサイル) 2011.03.20 /コンディション:ドライ

ケーシー・ストーナーはホンダファクトリーライダーとして向かえたシーズン開幕のナイトレースを優勝で飾った。だが、戦前に予想されたレプソルチームの表彰台独占とはならなかった。前年チャンピオンのホルヘ・ロレンソがダニ・ペドロサの前に割って入りそれを阻止した。一方、バレンティーノ・ロッシはドゥカティライダーとしてのキャリアを7位でスタートした。

ポールポジションを得ていたストーナーだったがスタート直後は3位に後退して、ラップの前半はペドロサがリードし、その後ロレンソが先頭に出て1周目を終えた。しかし2周目にはホンダの二台が1-2を取り戻した。先頭に出たストーナーは後ろにつけるチームメイトをなんとか引き離したかったが出来ずに、6周目の1コーナーでペドロサがインに飛び込み前に出た。ストレートで伸びる前を行くRC212Vをパスするポイントを見つけるのにストーナーは数ラップを要した。結局12周目にトップを取り戻し、その後は最速ラップでカタールの勝利に向けて順調に後との差を広げた。

2位に下がったペドロサはロレンソの強力な圧力を受ける。2人のスペイン人ライダーは何度か順位を入れかえながら競り合い、ペドロサのペースが落ちたことでロレンソが逃げて2位を確保した。3位に下がったペドロサはもう1人のチームメイトからは逃げきった。その第3のホンダワークスライダーのアンドレア・ドヴィツィオーゾは同胞のマルコ・シモンセリとの厳しい戦いに勝利した。予選5番手だったベン・スピーズはオープニングラップで順位を8位にまで落とした。そしてロッシとの争いになり6位にまで回復するだけだった。ロッシはスタート時こそ9位から2位にジャンプしたが結局1周目は7位で終えて、その後は前にいくことなく中盤でのバトルに終始した。手術した肩が未だ完全ではないとしている。

ニッキー・ヘイデンは予選13番手から順位を上げて9位でゴールした。ドゥカティ勢で予選最高の6位だったエクトル・バルベラは12位に沈んだ。MotoGP初戦で予選8位を獲得したカル・クラッチローも11位に後退。同じくルーキーのカレル・アブラハムは完走。ランディ・ド・プニエは1周目で転倒しチームメイトのロリス・カピロッシに絡んだ事でプラマックの二台は早々と姿を消した。アルバロ・バウティスタはフリー走行で転倒したさいに左足の大腿骨を骨折したために欠場した。また、3月11日に日本が大地震に見舞われたことを受けて各チームがバイクに日の丸を貼るなどして応援のメッセージを送った。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・ストーナー Repsol Honda Team ホンダ 42'38.569
2 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing ヤマハ +3.440
3 D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ +5.051
4 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ +5.942
5 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini ホンダ +7.358
6 B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ +10.468
7 V・ロッシ Ducati Team Ducati +16.431
8 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +26.293
9 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +27.416
10 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ +28.920
11 C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +34.539
12 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +34.829
13 K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati +37.957
RT T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ 4Lap
RT L・カピロッシ Pramac Racing Ducati 21Lap
RT R・ド・プニエ Pramac Racing Ducati 0Lap


C・ストーナー(Repsol Honda Team)

2011年の結果に戻る|-> 第2戦

サイトマップ