ホーム > レース > MotoGP結果 > 2008年

2008 MotoGP Result

ロッシがラグナセカ初制覇

第11戦 アメリカGP(ラグナセカ・スピードウェイ) 2008.07.20 /コンディション:ドライ

2008年のMotoGP第11戦アメリカGPは、Fiat Yamaha Teamのロッシが、3連勝中のスト―ナーに競り勝って優勝した。ロッシにとってラグナセカ初制覇。予選で圧倒的な速さを見せたストーナーがポールポジション。ロッシは2番手からスタート。ストーナー優勢と思われたレースは序盤からこの二人の白熱したバトルが展開された。

3周目のコークスクリュー入り口でロッシがストーナーのインを刺して前に出た。しかし直後の切り返しでグラベルを通過してコースに戻った。13周目、トップスピードで勝るストーナーがメインストレートで前に出た。しかし、1コーナー進入のブレーキングでミスし、ロッシが前。残り8周となった最終コーナーにロッシにつづいて進入したストーナーがロッシに接触しそうになり、それを避けようとしてコースアウトして転倒。この時既に3位との差は大きく開いていたのでストーナーは2位でレースに復帰した。しかし、ロッシに追いつく事は出来なかった。

3位は予選8番手からスタートしたバーミューレン。ロレンソは1周目で転倒した。エドワーズは地元GPということで特別塗装のYZR-M1で参戦した。ホプキンスの負傷代役としてAMA全米スーパーバイク選手権に参戦するジェリミー・ハッキングがMotoGP初参戦した。スピーズはワイルドカード参戦。前戦の転倒で左手首を骨折したペドロサは欠場。

順 位 ライダー チーム マシン タイム
1 V・ロッシ Fiat Yamaha Team ヤマハ 44'04.311
2 C・ストーナー Ducati Marlboro Team Ducati +13.001
3 C・バーミューレン Rizla Suzuki MotoGP スズキ +26.609
4 A・ドビツィオーゾ JiR Team Scot MotoGP ホンダ +34.901
5 N・ヘイデン Repsol Honda Team ホンダ +35.663
6 R・ド・ピュニエ LCR Honda MotoGP ホンダ +37.668
7 T・エリアス Alice Team Ducati +41.629
8 B・スピーズ Rizla Suzuki MotoGP スズキ +41.927
9 J・トーズランド Tech3 Yamaha Team ヤマハ +43.019
10 中野真矢 San Carlo Honda Gresini ホンダ +44.391
11 J・ハッキング Kawasaki Racing Team カワサキ +46.258
12 S・ギュントーリ Alice Team Ducati +55.273
13 A・デ・アンジェリス San Carlo Honda Gresini ホンダ +55.521
14 C・エドワーズ Tech3 Yamaha Team ヤマハ +1'02.380
15 L・カピロッシ Rizla Suzuki MotoGP スズキ +1'08.207
16 M・メランドリ Ducati Marlboro Team Ducati +1'10.962
17 A・ウエスト Kawasaki Racing Team カワサキ +1Lap
RT J・ロレンソ Fiat Yamaha Team ヤマハ -

YouTubeに登録されている動画

Qualifying for 2008 U.S. MotoGP Laguna Seca
コークスクリューなどを駆け抜けるMotoGPマシン


T・エリアス(Alice Team)


サイトマップ