ホーム > レース > MotoGP結果 > 2007年

ストーナーが地元初勝利

第16戦 オーストラリアGP(フィリップアイランド) 2007.10.14 /コンディション:ドライ

ノリックが事故で亡くなったという悲しいニュースが流れる中で行われたオーストラリアGP。ノリックが過って在籍したPramac d'Antinのマシンには「in memory of Norick」のステッカーが貼られた。

レースは今シーズンのチャンピオンが決定したストーナーが地元オーストラリアで初めて優勝した。

ポールポジションは日本GPに続いて2戦連続でペドロサ。決勝は予選3番手からスタートしたストーナーが1周目から先頭にたち、2位にヘイデンがつける。11周目、ロッシがヘイデンを抜き2番手。18周目、一時5位まで後退したペドロサが追い上げてきてロッシを抜いて2番手。20周目、6位から追い上げてきたカピロッシがペドロサを抜いて2番手に浮上しそのままゴール。ストーナーは終始先頭でゴールして、ドゥカティが1―2フィニッシュ。

バーミューレンのGSV-Rは、70年代に活躍したスズキのGPマシン・RG500のカラーリングに塗装されていた。

FIAT Yamaha TeamはABARTH(アバルト)の復活を記念したスペシャルデザインのYZR-M1とライダーのツナギで参戦。

ホフマンを解雇したPramac d'Antinはデェイビスを残り3戦に起用する事にした。今大会はマシントラブルでリタイアとなった。

順 位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Ducati Marlboro Team Ducati 41'12.244
2 L・カピロッシ Ducati Marlboro Team Ducati +6.763
3 V・ロッシ FIAT Yamaha Team ヤマハ +10.038
4 D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ +11.663
5 A・バロス Pramac d'Antin Ducati +19.475
6 R・ド・ピュニエ Kawasaki Racing Team カワサキ +27.313
7 J・ホプキンス Rizla Suzuki MotoGP スズキ +29.243
8 C・バーミューレン Rizla Suzuki MotoGP スズキ +34.833
9 C・エドワーズ FIAT Yamaha Team ヤマハ +35.073
10 M・メランドリ Honda Gresini ホンダ +36.971
11 C・チェカ Honda LCR ホンダ +37.721
12 A・ウエスト Kawasaki Racing Team カワサキ +38.426
13 中野真矢 Konica Minolta Honda ホンダ +47.430
14 S・ギュントーリ Tech3 Yamaha Team ヤマハ +54.324
15 T・エリアス Honda Gresini ホンダ +1'10.471
16 玉田 誠 Tech3 Yamaha Team ヤマハ +1'12.904
17 Ku・ロバーツ Team Roberts KR212V +1'13.020
RT N・ヘイデン Repsol Honda Team ホンダ
RT C・デェイビス Pramac d'Antin Ducati


D・ペドロサ(Repsol Honda Team)

第15戦<-|-> 第17戦
 日程
1 3/10 カタール
2 3/25 スペイン
3 4/22 トルコ
4 5/6 中国
5 5/20 フランス
6 6/3 イタリア
7 6/10 カタルーニャ
8 6/24 イギリス
9 6/30 オランダ
10 7/15 ドイツ
11 7/22 アメリカ
12 8/19 チェコ
13 9/2 サンマリノ
14 9/16 ポルトガル
15 9/23 日本
16 10/14 オーストラリア
17 10/21 マレーシア
18 11/4 バレンシア
ヘルメット

ページTOP▲ | サイトマップ